心に来る不安は沢山のケアで何とかなる|心スッキリ心療内科

女性

うつ病について

うつ病の原因や症状

医者

うつ病という言葉は最近では良く耳にする言葉の一つともなってきました。 日本人の15人の一人はうつ病にかかる可能性があるとも言われるほどとても身近な精神病の一つです。 このうつ病の原因は大きなストレスが関係しており、ストレスの種類も様々あり精神的ストレス、構造的ストレス、科学的ストレスなどに分ける事ができます。 またうつ病の症状には身体的症状と精神的症状の二つに分けることができ、慎太的な症状として代表されるのは睡眠がゆっくりできない睡眠障害や食欲不振、頭痛、めまいなどがあげられ、精神的症状としては、気分の落ち込みや理由もなく悲しい、やる気が起きない等の症状があげられます。 それでは、このうつ病になってしまった場合はどのような対策が必要なのでしょうか。

療養法や対策

もしもうつ病になってしまったときはどうすればよいか詳しく説明していきます。 まずは、心療内科や精神科の受診が最も重要です。 そこで今の状態や気分の症状などを詳しく医師に説明していくことにより、自分に合った薬を処方してくださいます。 また、その薬を服役しながらゆっくりと休養摂ることが一番の治療法ともいえます。 なぜなら、うつ病とは頑張りすぎたことでかかってしまうことが最も多く、多くの場合はゆっくりと休養することでほぼ症状が改善するのも事実です。 薬での治療のみなので時間はかかるかもしれませんが、これが今できる最大のうつ病治療と言え、薬も自分の体に合うものを見つけることも重要です。 このようにうつ病とは、決して治らない病気ではなく十分な休息をとる時間と考えられます。